口コミからわかったi-smile(アイスマイル)が高評判のワケ

口コミからわかったi-smile(アイスマイル)が高評判のワケ

「今、最も熱い教材はi-smile(アイスマイル)なのではないか」。これはi-smile(アイスマイル)発売してから程なくして、英語業界のとある人が放ったセリフです。比較的権威のある人でしたので、「あの人に、そう言わしめるほどのi-smile(アイスマイル)とは一体何か」と話題になりました。

この記事では、そうした背景を持つi-smile(アイスマイル)の口コミを見てわかった、高評判なワケをご紹介。i-smile(アイスマイル)が謳う効果を疑っているのであれば、最後まで読まれることを強くおすすめします。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ

i-smile(アイスマイル)が高評判なワケ

i-smile(アイスマイル)が高評判なワケ

i-smile(アイスマイル)が高評判なワケは、人間の集中力に適したレッスン時間に設定されていることです。集中力は誰もがこの力を切らさずにいたいと願っているもので、勉強をする上で必ずと言っていいほどつきまとう問題。これをきちんとケアしているからこそ、i-smile(アイスマイル)は高く評価されています。詳しく説明しましょう。

集中できる時間は30~40分

「【英語教材】i-smile(アイスマイル)の評判や口コミを徹底検証」でも説明したように、人間は基本的に30~40分しか持続しないと言われています。これはどんな物事に対しても当てはまり、それが好き、嫌いというのはほとんど関係ありません。勉強にしろ趣味にしろ、40分以上が経過すると飽きることがほとんどで、仮に続けてやっていたとしても他のことを考えてしまっている。「たまに2時間、3時間と続けてやれていることがある」という経験があっても、最初から最後までそれだけに没頭していることは、まずあり得ないとされています。

本当は15分しか持たない

ですがそれでも、人によっては「いや、そんなことはない。他のことを考えていることなくやることもある」と思うかもしれません。集中力が30~40分程度であれば、1時間のドラマやバラエティ番組を最後まで見ることなんてできない、と例をあげれば確かにそうだ、と思う人もいるでしょう。逆に30分ももったことがない、という人もいると思います。

実はこの集中力の時間は若干語弊があるのです。正確に言えば、連続して集中できる時間は15分だけです。ですが集中力は、一度インターバルを挟んで違うことをすればまた15分、15分後にまたインターバルを入れればさらに15分という仕組みになっています。このインターバルは、例えばドラマであればコマーシャルが当たるでしょう。

こう考えればほとんど説明ができます。つまり集中力が30~40分と言われるのは、一度のインターバルをあまり意識せずに行っているため。そして好きなことが長く続けられるのは必要なインターバルが僅かで済み、逆に嫌いなことがすぐに飽きてしまうのは長めのインターバルが必要だからです。誤解を恐れずに言えば、1時間も2時間も集中できた、というのは単に無意識のうちにインターバルをうまく挟み続けることができただけで、錯覚にしか過ぎないのです。

15分サイクルを活用

i-smile(アイスマイル)は、このいわゆる集中力の15分サイクルをうまく活用しています。まずはメインのレッスンであるドラマを15分を流し、その後少しのインターバルを入れて、発音(アウトプット)のエクササイズを受講者にさせる。これこそが、i-smile(アイスマイル)の高評判に繋がる理由です。口コミに「毎日レッスンをすると聞いて不安だったけど、1回のレッスンがいつもあっという間に終わった」とありましたが、i-smile(アイスマイル)の特徴をとてもよく表していると思います。

集中力をコントロールした授業の効能

集中力をコントロールした授業の効能

こうした集中力の波に合わせたレッスンは、スムーズに英語力を磨けるメリットだけではありません。次の2つのスキルも同時に手にできます。これが高い評価の裏付けとも言えるでしょう。

他の勉強もうまくいく

1つ目は、他の勉強もうまく続けられるようになることです。i-smile(アイスマイル)のレッスンは、15分⇒インターバル⇒15分という効率の良い方法。何か別の物事を始めるときもこのサイクルで組むようにすれば、最も負担の少ないやり方で大きな効果を得、結果をすぐに出せるようになるでしょう。「そんなにうまくいくのか」と今は思うかもしれませんが、i-smile(アイスマイル)で2ヶ月みっちりサイクルを続け、英会話ができる自信が身につけば、このやり方が正しいと思うことができますよ。

やりたいことの時間を確保できる

2つ目は、やりたいことの時間を確保できることです。i-smile(アイスマイル)では1日30分の授業時間を見つけて、2ヶ月こなす必要があるので、時間を無駄にしない癖が身につきます。今まで時間がないと感じてやれなかったことも、授業を受けるためのように時間を探せるようになるのです。特に忙しい人ほどi-smile(アイスマイル)をやりきったあとに、その意識を強く持っているようですね。

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)が高評判な理由のキーワードは、集中力です。ここに着目していなければ、i-smile(アイスマイル)の評価はそこまで高くはならなかっただろう、という専門家の指摘もあります。それだけ勉強と集中力は切っても切れない関係ということです。いつも集中できずに中途半端に終わってしまう経験が多い人ほど、i-smile(アイスマイル)で英語を勉強してほしいと願ってます。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ トップページを見る