国内No.1と評判の英語講師・山内勇樹の協力を得ているi-smile(アイスマイル)

国内No.1と評判の英語講師・山内勇樹の協力を得ているi-smile(アイスマイル)

口コミでも話題の英会話教材i-smile(アイスマイル)で採用されているメソッドが革新的なものであることをご存知でしょうか?

i-smile(アイスマイル)の筆頭講師が有名なデイビッド・セイン先生であることは「【検証追記】i-smile(アイスマイル)の講師に対する評判や口コミ」でお伝えした通りですが、その学習方法は高名な日本人英語講師である山内勇樹氏の協力なしには成し得ないものでした。

この記事では、デイビッド・セイン先生のパートナーと言っても過言ではない山内勇樹氏の経歴や理論にスポットを当てながら、i-smile(アイスマイル)がいかに優れた英語教材なのかという理由について掘り下げていきたいと思います。

日本で指折りの英語教師と言われる山内勇樹氏とは?

日本で指折りの英語教師と言われる山内勇樹氏とは?

まず国内屈指と言われる英語講師・山内勇樹氏がどのような人物なのかご紹介したいと思います。

山内勇樹氏はデイビッド・セイン先生とも親交のある実力派英語講師。多くの実績を残し、i-smile(アイスマイル)の教育メソッドにも深く関わっている非常に優秀な英語講師です。

ここでは彼の経歴や著書、独自の教育理論など気になるポイントについてまとめてみました。

山内勇樹氏のプロフィール

アメリカのUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で脳神経科学を専攻し卒業。脳と学習・記憶機能、心理学や遺伝学など、後の英語教育に影響する「脳の働き」に関する研究を行っていました。

2005年より留学サポートの活動をスタートし、MIT(マサチューセッツ工科大学)やハーバードなど世界的な名門大学へ500人以上の生徒を留学させてきました。

2006年にはTOEIC・TOEFL対策の指導をスタート。脳神経科学に基づいた教育方法によって、数多くの生徒の得点アップを達成させます。ちなみに山内勇樹氏本人の得点はTOEIC:990点、TOEFL:400点というフルスコアです。

2016年からは英語教師に向けた講習会や指導をスタートさせ、「先生に指導する先生」という立場になります。

山内勇樹氏の書籍とその口コミ

山内勇樹氏は書籍も多く出版しています。以下にまとめてみました。

『Storyで覚える! TOEICテスト エッセンシャル英単語』

文章と関連付けて覚えられるので楽しい。

当初は、TOEICの試験を受けようと思って購入したのではなく、単語を覚えたくてこの本にしました。が、やってみると文章に沿って単語(熟語)が覚えられるので、知らず知らず覚えられていました。毎日、この本は2Pを目安に、そしてカーペンターズの歌も英語で覚えながらやっています。こんなに楽しめるなんて。山内先生のブリリアントを受講しながらこの単語本も勉強していて、覚えるスピードがめちゃくちゃ速くなっているのを実感。TOEICを受験します!

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R19S02JBVK1VYM/

『Storyで覚える! TOEIC®テスト エッセンシャル英文法』

前作に続き、購入しました。山内勇樹さんの本は、やはりわかりやすいです。

この本で勉強した結果、念願だったスコア800を超えて、820点になりました!

私の学習の流れとしては前作の「Storyで覚える!TOEICテスト エッセンシャル英単語」を購入して、2ヶ月ほどみっちり学習して、TOEICスコアが350点から615点まで一気に上がりました。

もっと単語の方をやるべきかと思いましたが、本試験でも、模試でも文法問題について悩むことが多くなり、こちらを手にとって文法の勉強を始めました。

学習の結果は、正直期待以上でした。

他の参考書で勉強して、それでも文法に悩んでいる方にお勧めです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2A4W4O956KME2/

『東大・京大卒に勝てる! 世界のトップ大学に編入する方法 – 偏差値39でも、一流の子に変わる!』

著者が信頼できる

子供を海外の大学に入れたくて、いろんな本を読みましたが、この本が1番わかりやすくて、とても具体的に方法を書かれていました。子供と自分の夢が叶いそうで、とても楽しみです。実際に書かれてる通りにしてみたいと思います‼

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3QG0OOMO2MYJK/

進学や留学に役立つノウハウを詰め込んだものが多いことが分かります。

山内勇樹氏の講演や国際支援活動

山内勇樹氏は英語学習に関する講演やセミナーを多く開催しています。企業や学校で精力的に自身の英会話メソッドを広めているようです。また、講演以外にもメディアへの出演やミャンマーでの教育支援活動など多岐に渡って活動しています。

山内勇樹氏のメソッド「ミラーシャドーイング」とは

山内勇樹氏のメソッド「ミラーシャドーイング」とは

毎日短時間の勉強をするだけで英語が身に付くというi-smile(アイスマイル)ですが、その要因の一つとして重要な役割を担っているのが「ミラーシャドーイング」という学習方法です。

ミラーシャドーイングとは、ネイティブの発声の正しい口の動きを学習して自分の発音に反映させる学習法。つまり、最初から正しいフォーム(口の動きや発音)で練習することで短い時間で英語を習得できる、といった理論です。

このミラーシャドーイングこそ、デイビッド・セイン先生と山内勇樹氏のコラボと言える学習方法。無駄を省き、楽しみながら英会話を学べる効率的なメソッドなのです。

まとめ

まとめ

山内勇樹氏の実績をまとめてみると、i-smile(アイスマイル)に対する信頼性がさらに高まっていくような実感があります。

デイビッド・セイン先生が太鼓判を押す日本人英語講師だけあって、素晴らしい英語教育者なのだと確信しました。

この記事がこれからi-smile(アイスマイル)を始めようかと考えていた方々の参考になれば幸いです。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ トップページを見る