英語が苦手な人が上達するi-smile(アイスマイル)の秘訣とは?

英語が苦手な人が上達するi-smile(アイスマイル)の秘訣とは?

英語教材の中でも、とりわけ評判のいいi-smile(アイスマイル)。ただ高評判なだけでなく、否定的なコメントがほとんどないという珍しい英語教材です。その理由のひとつには、ずっと英語にコンプレックスを抱えていた人が、ネイティブとまるで変わらないリスニングスキルやスピーキングスキルを手にできていることがあるでしょう。

そこでこの記事では、英語が苦手な人が上達する秘訣とも言える、2つの授業についてご紹介します。i-smile(アイスマイル)であれば、もうこれ以上挫折を味わう必要はないんだ、とポジティブな気持ちを持っていただけることでしょう。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ

勉強効果を高める4日間の準備授業

勉強効果を高める4日間の準備授業

i-smile(アイスマイル)は、2ヶ月という受講期間が設定されています。その中で毎日i-smile(アイスマイル)が独自に制作したドラマを見たり、アウトプットの練習をしたり、スマホゲームで復習するというのが基本のカリキュラムです。そのカリキュラムがスタートする前に、4日間行われるのがこの準備授業となります。

準備授業の意義

準備授業の意義は、何よりもi-smile(アイスマイル)で挫折しないようにすることです。他の英語教材にありがちなことに、提唱しているメソッドは英語が話せそうと思えるものなのに、実際に取り組もうとしたら意外と大変だったというパターンがあります。これで英語教材で挫折してしまう人は、決して少ないと言えません。

このような事態になるのは、英語を習う人が今持っているスキルと、そのメソッドを受けるためのスキルにズレがあるからです(ただ、人の数だけもともと持っている英語のスキルレベルは異なるので、必ずしもその英語教材が悪いわけではないと言えます)。

i-smile(アイスマイル)の準備授業というのは、まさにこうした事態を避けるためにあるもの。メインの授業がきちんと受けられるように、レッスンを受ける人の足並みを揃えるのが、この準備授業の意義です。

準備授業の内容

準備授業の具体的な内容をお話しましょう。準備授業では、次の授業を行います。

1日目「Do型」…do(動詞の原形)と組み合わせた表現方法を思い出す授業

2日目「Doing型」…do(動詞の原形)+ingと組み合わせた表現方法を思い出す授業

3日目「人・物型」…人・物と組み合わせた表現方法を思い出す授業

4日目「総復習」…3日間で習ったことを復習する授業

準備授業の特徴

準備授業では、見てきたように、中学で習った文法を思い出させる方法を取っています。無理やり知識を詰め込めるような授業ではなく、「こんな表現がありましたよね?」という形になっているのです。授業の中には、復習用のアプリゲームも用意されているので、「どうせすぐ忘れてしまうのではないか…?」という心配もいりません。

また、準備授業には発音が滑らかになるように、i-smile(アイスマイル)がアレンジしたABCソングもあります。ですので、この授業が終わる頃には、英会話に必要な最低限の表現方法と発音方法をしっかり身につけた状態になるというわけです。その上で、i-smile(アイスマイル)のメイン授業に入っていくので、まず挫折することはないでしょう。

会話力を劇的に進化させる5日間のオリジナル授業

会話力を劇的に進化させる5日間のオリジナル授業

もうひとつの授業はオリジナル授業です。これは2ヶ月のうち、最後の5日間で行われるレッスンを言います。

オリジナル授業の意義

オリジナル授業の意義は、自分で会話文を考える力を身につけてもらうことです。英語教材の多くは、あらかじめフレーズや表現が決められています。それはセオリーと言えばそうなのですが、この方法だと例えば実践会話でイレギュラーなことが起きたときに、対応に困ってしまう面があるのです。

i-smile(アイスマイル)のオリジナル授業というのは、自分で会話のやり取りを考え、その発音練習をするもの。自分の望んでいる授業で勉強できるというのが表向きのメリットですが、自分で会話のシナリオを構成するという意味で、文章を自ら考える力を身につけられるメリットもあります。それによって授業以外のケースが発生しても対応できるようになるのが、このオリジナル授業の意義と言えるでしょう。

オリジナル授業の内容

オリジナル授業の内容は、次のとおりです。

1日目…オリジナルの会話文を作成して、i-smile(アイスマイル)にチェックしてもらう

2日目…チェックしてもらったオリジナル会話文の発音練習をする

3日目…発音を録音して、i-smile(アイスマイル)に提出する

4日目…発音に対するフィードバックを元に、オリジナル会話文の発音練習をさらにする

5日目…i-smile(アイスマイル)の講師とオリジナル会話文を使ったやり取りを実際にする or もう一度発音を録音してi-smile(アイスマイル)に提出する

オリジナル授業の特徴

授業では、i-smile(アイスマイル)によるチェックを受けながら進めていきます。プロによるチェックが入ることで、5日間とはいえ劇的にフレーズを考える力やスピーキング力が上がるのが特徴です。

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)で英語が苦手な人が上達するのは、4日間の準備授業と5日間のオリジナル授業があるからです。これは言葉以上に効果が高く、あの授業がなければ今も英語が話せなかったかもしれないと、多くの場所で語られています。この記事が、英語に悩む人の勇気となれば幸いです。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ
カテゴリ「i-smileのココがすごい!」に関連した記事
「i-smileのココがすごい!」の記事をもっと見る トップページを見る