i-smile(アイスマイル)を始めるときに知っておきたい心得

i-smile(アイスマイル)を始めるときに知っておきたい心得

i-smile(アイスマイル)は、ネイティブとスラスラ英語でやり取りができるという嬉しい効果をもたらしてくれるメソッド。アメリカのマサチューセッツ工科大学や東京大学が提唱している理論によって、多くの日本人のネイティブ化に成功しています。

ところが、そんな始めればすぐに成果が現れるi-smile(アイスマイル)でも、足踏みをしてしまう人がいるのが実の実状。この記事ではi-smile(アイスマイル)で確実に上達できるように、いくつか知っておきたい心得をご紹介します。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ

ひとつに絞る

ひとつに絞る

「二兎追う者は一兎も得ず」ということわざがあるように、英語の勉強でも欲張り過ぎるのはあまりよくありません。i-smile(アイスマイル)を始めたらi-smile(アイスマイル)だけをきちんとやる、それがかえってレベルアップに繋がります。

不信感を抱きやすくなる

なぜかと言うと理由は単純で、仮にふたつやっても二倍の勉強効果を得ることにはならないからです。それどころかi-smile(アイスマイル)ではこう言っているけど別の教材では反対のことを言っている、というようなことが起きることで、どちらの教材に対しても不信感を抱くようになってしまうのです。

比較すれば共倒れ

それはどちらが正しい、正しくないのではありません。i-smile(アイスマイル)で言っていることはi-smile(アイスマイル)でレベルアップするためのものであり、別の教材で言っていることはその英語教材での効果を上げるためのものです。ところが並行してやるとどうしても比較するようになってしまう。そうなってしまえばどちらも共倒れは目に見えています。

ひとつにすれば集中力も自ずとUP

こうした事態を避けるために、i-smile(アイスマイル)を始めるときはi-smile(アイスマイル)だけをやるようにしてください。かえってひとつにすることで、教材に対する集中力も増して高い効果を得ることも可能になります。欲張り過ぎは失敗を招く。これがi-smile(アイスマイル)を始める前に覚えておいてもらいたい心得のひとつです。

少しでも毎日レッスン

少しでも毎日レッスン

いかにi-smile(アイスマイル)と言えども、極端な話1週間に1回程度やるだけでは英語力を磨くことはできません。ここばかりはほかの英語教材とも同じで、「継続は力なり」。少しでもいいので毎日レッスンをすることを心がけていきましょう。

短い時間でできるi-smile(アイスマイル)

もちろんi-smile(アイスマイル)はただ毎日レッスンをやってください、と突き放しているわけではありません。本格的に作り込まれたドラマや復習用に作られたゲームなど、さまざまな工夫で続けられるようにしています。ドラマを見るだけなら15分程度、しっかり勉強したとしても1日30分程度で終わらせられるのも英会話教室などとは違う特徴です。

レッスンするタイミングをシュミレーションする

こう言うのも、仕事の忙しさなどを理由に毎日継続して続けることができない人がいるんですね。その人は大抵i-smile(アイスマイル)でも英会話ができるようにはなっていません。本当に忙しくても15分程度のドラマを見たり、もしくはゲームをする時間を用意することだけは忘れないようにしてください。

自分の生活スタイルを把握した上で、一日の中のどのタイミングだったらi-smile(アイスマイル)の15分ドラマが見れるのか、あるいはしっかりレッスンできるのかをシュミレーションをしておくと、実際i-smile(アイスマイル)をやるときも継続しやすくなるでしょう。

人の意見に左右されない

人の意見に左右されない

最後の心得は人の意見に左右されないことです。言い換えれば自分のペースでやることが、i-smile(アイスマイル)で大きく成長する必要不可欠なこととなります。

口コミやレビューを見てはいけない人

i-smile(アイスマイル)で少し悩んだときに、ほかの人はどうなんだろうと気になることもあるでしょう。インターネットでほかの人のレビューや口コミを見ることもあるかもしれません。

ただもしそこで「周りの人はもっと早く成長している」とわかって、「やっぱり自分はダメなんだ」と思ってしまうのであれば、絶対に人の話や口コミ、レビューは聞いたり見ないようにしてください。なぜならその落ち込みは、i-smile(アイスマイル)の勉強において妨げにしかならないからです。

勉強のスピードは人によって違う

人の勉強スピードは人の数だけ違います。早い人もいれば遅い人も当然います。ですのでそれを気にすることはまったく意味がありません。

そもそもi-smile(アイスマイル)は上達するための道筋がちゃんとできていて、きちんとそれをこなしていけば目標にはたどり着けるように作られています。しかし唯一ネガティブな気持ちがその道を閉ざしてしまうものなので、「自分は自分、人は人」という気持ちでi-smile(アイスマイル)を始めるようにしてください。

まとめ

まとめ

①i-smile(アイスマイル)を習うときはi-smile(アイスマイル)だけに絞ること

②少しでも毎日i-smile(アイスマイル)のレッスンをすること

③悩んでも人の意見には左右されないこと

どの心得も少しの気の持ちようで身につけられるので、ぜひこの機会に覚えておいてください。i-smile(アイスマイル)で英語が確実に身につくよう祈っています。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ
カテゴリ「i-smileを始める前に」に関連した記事
「i-smileを始める前に」の記事をもっと見る トップページを見る