i-smile(アイスマイル)を評価した人に直接話を聞いてみた

i-smile(アイスマイル)を評価した人に直接話を聞いてみた

英会話を学ぼうとして挫折した人、学校の授業が嫌で仕方がなかった人…i-smile(アイスマイル)はさまざまな人から高評価されている英語教材です。

「【英語教材】i-smile(アイスマイル)の評判や口コミを徹底検証」は、そんなさまざまな口コミが本当に正しいものなのかどうか確かめてきました。

今回はその検証のひとつとして実際に評価した人から直接聞いた話をご紹介します。お話を聞いたのは、「【英語教材】i-smile(アイスマイル)の評判や口コミを徹底検証」「三日坊主の私を変えてくれた」という口コミを寄せてくれた方です。i-smile(アイスマイル)のリアルな意見を知りたい人はぜひ参考にしてください。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ

i-smile(アイスマイル)を今も続けられている理由

i-smile(アイスマイル)を今も続けられている理由

斎藤さん(仮名)は、三日坊主だったために英会話教室に気がつけば通わなくなっていたとコメントされていましたね。

そうなんですよ!高い入学金を払って「続けるんだ!」って思っていたのに、すぐに面倒になってしまって。実は英会話教室だけじゃないんです。英語教材も同じで…英語も続けることが大事だとわかってはいたんですが、結局すぐに勉強が嫌になってやめてしまうんです。家にはやりかけの教材がたくさんありますよ…。本で言うなら積ん読状態ですね。

でもi-smile(アイスマイル)なら続けることができた、と。

はい。i-smile(アイスマイル)はよかったです。まずドラマがいいですよね。普段見慣れているものだったので、本当に楽に学ぶことができました。あとはゲーム。習ったことをもう一度勉強するものがアプリゲームだったんですけど、これも普段からゲームをやっていたので楽に始められましたし、続けることができました。

ライフスタイルに取り入れやすいものだったから続けられたんですね。

そうだと思います。これまでももちろん英会話教室で先生と話したり、ほかの英語教材をやっていて「楽しい!」って思えるものはあったんですが…。

うまく言えないんですけど、英会話教室は教室に通わなければいけない、英語教材は本を開かなければいけないっていう感じで、普段していないことをしなければいけないですよね。

でもi-smile(アイスマイル)は、今までやってきたこととそのまま“入れ替える”形で勉強ができるんです。

普段のドラマからi-smile(アイスマイル)のドラマに、これまで遊んでいたスマホゲームからi-smile(アイスマイル)のスマホゲームに。確かにただ入れ替えるだけですね。普段から続けられているものの中身がただ単純に入れ替わるだけだから、i-smile(アイスマイル)も継続できるという。

まさにそうです。だから今も続けられていますよ。始めて4か月くらいになりますけどね。

三日坊主の私を変えてくれた

三日坊主の私を変えてくれた

斎藤さんは「三日坊主の私を変えてくれた」とおっしゃっていましたが、具体的にどのようなときに変わったなあと思いましたか。

1週間続いたときですねえ(笑)。ちょうどそれがこれまでの最長期間だったんですよ。これまでは平日仕事をしながら頑張って、土日もしっかりやって、そしたらそこで完全燃焼してしまっていたんですよね。また仕事をしながらレッスンかあ、って思ってそこで続かなくなってしまうことがほとんどでした。

でもi-smile(アイスマイル)はレッスン時間も短いですし、何より簡単なんです。この1週間を乗り越えたら、意外とあとは続けていくのもそこまで大変じゃなくなりましたね。ああ、こんなに続けるのって難しくないんだと今は思えます。

あと英語ができることで何か変わったことがありましたら教えてください。

私にはネイティブの友人がいるんです。知り合いの知り合いで何年か前に出会いました。なぜかわからないんですけど、その人は私のことをすごい気に入ってくれて今も仲良くさせてもらっているんですね。ただずっと彼とは日本語での会話だったんです。

日本語が堪能な人だったんですね。

はい。それでi-smile(アイスマイル)で話せるようになったときに、彼に「英語を勉強してある程度話せるようになったから聞いてくれ」と言いました。それで彼に英語で話をしたら、驚いた様子をしながらも英語で答えを返してくれたんです。そこからは彼と会うときは英語で話していますね。i-smile(アイスマイル)でやってきたことは間違いじゃないんだと確信できました。

なるほど。

まあ別に日本にいるので日本語でもいいんですけどね(笑)。ただ日本に来てから英語を話す機会が減っていて、自分の中で英語を話したくても話せないもどかしさがたまにある、みたいなことを言っていたので。そのもどかしさが少しでもなくなればいいなと思って英語で話すようにしています。私もトレーニングになりますからね。

まとめ

まとめ

英語教材i-smile(アイスマイル)には無理なく続けられる工夫がしっかりなされているようですね。斎藤さんはまだまだこれからも続けていくとおっしゃっていました。

何をやっても続かないという自信がある、という斎藤さんと同じような考えを持っている人は、騙されたと思ってi-smile(アイスマイル)を始めてみるといいでしょう。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のサイトへ トップページを見る