禁煙外来の診療と治療に使うチャンピックスについて

いまや禁煙と言えば「禁煙外来」での治療が一般的になってきました。そこで、禁煙外来ではどのように治療が進められていくのか、また、禁煙のために処方される薬についてまとめました。まず通院して禁煙したいと考えたら、禁煙外来を受診します。この際、1.ニコチン依存症に関わるスクリーニングテストでニコチン依存症と診断される 2.ブリンクマン指数(1日の禁煙本数×喫煙年数)が200以上 3.直ちに禁煙したいと考えている 4.治療を受けることを文書により同意している、の条件を満たせば保険が適用されます。適用されない人でも全額負担をすれば受診は可能です。初回の診療では、この条件の確認や医師の問診に加えて、呼気一酸化炭素測定・説明やアドバイス・診察・チャンピックス錠の処方が行われます。禁煙治療は12週間にわたって行われますので、その間5回の通院が必要になります。通院しながら上手に禁煙できているから、まとめて1回の診察で良いのではないか、と勝手に決めてしまうことはできません。通院時に毎回呼気の測定と診療・薬の処方が行われます。治療にかかわる費用は、3割負担の保険適用で約2万円です。12週間を超えて治療を希望する場合は全額自費負担になります。現在禁煙治療には、チャンピックスという禁煙補助薬とニコチンパッチという貼り薬が用いられています。チャンピックスはニコチンを含まない内服薬で、禁煙によるニコチン切れの症状を軽くしたり、タバコを吸いたい気持ちを少なくさせる効果があります。ニコチンパッチは、少量のニコチンを含んだパッチを皮膚に張ることで、ニコチンを摂取している気分にし、禁煙を進める効果がありますが、チャンピックスはニコチンを含まずに、ニコチン依存を解消できる唯一の禁煙補助薬として人気があります。診療の際には、次の通院までの期間の薬をまとめて処方されますので、服用の回数や量をしっかり守っていくことが大切です。