ニコチン過量症状と喫煙時のトイレとチャンピックス

ニコチン切れにより離脱症状が起きることになります。
離脱脱症状と言うのは、イライラ感が増したり、集中力が低下するなどの症状であり、この症状が起きることで喫煙をしたい願望が強く出ることになります。
この時の症状を抑える効果を持つのが禁煙補助剤です。

しかし、禁煙補助剤の中にはニコチンの成分が含まれているものもあり、ニコチン過量症状と言う副作用が起きるケースも在ります。
ニコチンを含まないチャンピックスにおいてはニコチン過量症状は起き難いと言われているのですが、気分不良や眩暈、動悸などがニコチン過量症状と呼ばれているものとなります。

ニコチン過量症状が起きた時は、パッチのサイズの変更、貼付面にセロハンテープを貼り付けて、吸収面積を減らすと言った対処を行う必要が有ります。
また、ニコチンを含む禁煙補助剤を利用している時に喫煙をする事でニコチン過量症状が起きやすいと言われています。

チャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助剤として禁煙外来で処方を受けることが出来ます。
禁煙外来は専門医からの禁煙のアドバイスを受けられるなどのメリットが有りますが、チャンピックスを服用した場合も幾つかの副作用が起きるケースが有り、服用する場合には副作用についての知識を持つ事が大切です。

所で、煙草を止めることで煙草を吸う時はトイレに行きたくなるのが早く感じていたと言う人が多いと言います。
これは禁煙に成功した人の多くが感じる事なのですが、喫煙をする事でトイレに早く行きたくなる原因と言うのは何処に在るのでしょうか。

まず、煙草に含まれているニコチンというのは自律神経を刺激する作用を持ちます。
自律神経が刺激されることで、副交感神経などを活発にしてリラックス効果を生み出して行きます。
喫煙をする事でトイレに行きたくなるのは、自律神経を刺激して副交感神経が活発になることでトイレに行きたくなると言う事なのです。